うつ病と子育て

 今日のの朝刊にかなりショックを受けた記事が載っていました。
佐世保女子高校生殺人事件の記事です。
裁判所の見解では加害者女子が「自閉症スペクトラム障害」、通称ASDだと判断しています。
特段の申し立てがなければ、このまま結審し、医療刑務所送致になるようです。

我が家は福祉施設ではありませんが、9名の障害者がいます。
その内2名が自閉症です。
自閉症にも対人関係の構築具合で1人称、2人称、3人称などがあります。

ASDは自閉症の総称とも理解でき、この中には、
「アスペルガー症候群、自閉症、小児期崩壊性障害、レッド症候群」などがあります。
自閉症は親の養育の仕方や躾とは関係なく、脳機能の障害です。

とはいえ自閉症を持つ人の中には、
いつもニコニコしている人もおれば、偏食がひどかったり暴れる人もいます。
やはり障害を持っていても子育てが大切になります。

自閉症ではありませんが、
ADHD(注意欠陥多動性障害)なども周りの雰囲気を壊し、
暴力等の行為で対人関係が難しくなります。
親を含め保育園、学校の担当者は困惑しています。

ASDにせよADHDにせよ集団に対する適応力が少ないので、
脳が発達している段階の子供に、薬物投与することが多くなっています。
結婚し60歳近くのADHDの人もいますので、むやみに薬物での対応を危惧しています。

幼時期に家庭内でショックを受ける期間が長いと、
小学3〜4年生頃からはチック、弱視、難聴、拒食・過食、不登校、引きこもり、暴力などさまざまな問題が生じてきます。
チックなどはもっと低年齢でも生じてきます。
そんな子供たちは「親の愛に飢えており」、思春期を境に、社会的・家庭的な問題行動を起こし始めます。

家庭内では世代を超えて問題行為が肥大化してきます。
世間ではこの状態を「7代祟る(たたる)」などと言っています。

今の社会状況を観るとこんな子育ても困りますが、
母親が男の子にベッタリというのも増えてきています。
本当の「親の愛」とは何かを問われています。
 
posted by: sagaraki | - | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

実るほど頭の垂れる稲穂かな

交通量の多い国道沿いの歩道。

前から若い子が自転車に乗って来るので端の方へ避けると、
今度は後ろから自転車が来る気配。
後ろを振り返ると同時に「あっ 危ない」と国道ギリギリまで避けました。

後ろから来た自転車の人。
少し通り過ぎた所で立ち止まり、「危なかろうが 早よ よけんか!」と大剣幕で怒っています。
良く見ると歯が抜けた口をパクパクさせて怒っています。

若いときであれば「自転車ごと蹴飛ばすような場面」ですが、
そこはやんわりと「危ないから用心して乗ったほうが良いですよ」と言いました。

その言葉を聞き即座に反応したご老体。
「何を言うか!」
「75歳を過ぎたら自転車は歩道を通ることになっとる」
「私に役所の人が教えてくれた」と、大剣幕です。

内心「ほ〜う、そうなんだ」と感心しながらも、
「危ないから気をつけて下さい」と言いました。

またまたその言葉に反応したご老体。
「私は75歳を過ぎとるんだ!」
「一人暮らしで急ぎよるんだ!」
「歩きよるもん(者)が道を空けんか!」と、
無茶苦茶な言葉を並べて威張り散らしています。

こんな年寄りを相手にする時間もないので、通り過ぎようとすると、
歯のない口から大声を出して、文句を言い続けています。

少々面倒くさくなり、わざとらしい大声で、
「こら〜〜 くそジジィ!、グジグジ 何ば言いよるとか!」
「75歳以上の一人暮らしで急ぎよるとか、後ろから自転車で来ても分かるか!」と一喝しました。

私の声に「びっくらこいた(筑豊弁でビックリした)」ご老人。
慌てて逃げ出し、国道を走る車にぶつかりそうになりました。

幾つになっても「頭の下げかた」を知らないと、
年老いてからの人生が哀れです。
posted by: sagaraki | - | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

うつ病(思考不全)の改善方法

ある病院の待合室に80半ばの老人(Aさん)が、20代半ばの青年と入ってきました。
今時感心な青年がいるものだとみていると、その青年は老人の横に座らず少し離れた所に座りました。

看護士さんが「Aさ〜ん」と呼ぶと、老人は少し間をおいて「はーい」と返事し、ゆっくりゆっくり診察室に入って行きました。
治療を終えたAさん、痛かった、痛かったと、話し相手を求めます。
付き添いの青年は、携帯電話に夢中で「知らんふり」。

どこかの介護施設の職員でしょうが、
「コラー、お前何やってんだ!」だという言葉を飲み込んで見ていると、
今度は「Aさーん」という事務所からの呼び声。
この青年携帯片手に事務手続きを済ませ、駐車場の方へスタコラサと帰って行きました。
取り残された老人は、ゆっくりヨロヨロ、ゆっくりヨロヨロと駐車場の方へ帰って行きました。

中学2年生が列車に飛び込み自殺。
学校では担任とノートで心の交流していたとか。
この中学生「市ぬ」・・・「死ぬ」と、担任に何度も心の苦しさを訴えていたが、
中学生の悲痛な叫びに担任は、「貴方は上からの目線」と一刀両断。
あきれた教師もいるものだと、心の中で憤慨しています。

自殺した子の父親。
学校が何故教えてくれなかったのかと、学校に責任転嫁。
せめて中学・高校までは、親の愛で見守るべきだと、これまた心では憤慨しています。

ここで大切なことがあります。
追い詰められて「うつ気分」が強くなった人。
自責の念であれ責任転嫁であれ、1つの特徴があります。

対人関係では「上から目線」で考えていることが多いのです。
この状態を心の「ヨゴレ」とも言います。
「ヨゴレ」を落とし修正する方法を「認知療法」と言います。

自分の「心のヨゴレ」に気づき、苦しくても、自分で考え方を改めると楽になります。
他人のヨゴレは見えますが、自分のヨゴレは分かりにくいものです。

その為には良き理解者(友人)が必要です。
「上から目線」では、支え助けてくれる友人ができません。
今まで以上に「感謝の念」が必要な時代になっています。
 
posted by: sagaraki | - | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

脳内の機能的な障害について

脳の機能的な障害について、少し整理して書き込みます。

脳内の障害には、
知的障害、自閉症、学習障害、テンカン、認知症、統合失調症(分裂病)、双極性障害(そううつ病)、ADHD等があります。
その内治療的な薬が必要なのは、テンカン、統合失調症、双極性障害、一部の認知症等です。

脳内の障害や心の問題を4つに区別。

脳内の機能的な障害は次の3つ
1,精神病・・・統合失調症、双極性障害儀拭Ν況拭
2,中毒性精神病(含む一部の器質性精神病)・・・アルコール・シンナー・覚醒剤などの薬物障害や薬物依存
3,人格障害(境界性パーソナリティ障害) ・・・利己的な人格障害、利他的な人格障害
心の問題は
4,うつ病(思考障害からの思考不全)・・・ノイローゼ

現在はADHDの小学生でも、教室がまとまらないとか他の生徒の保護者からのクレームで、
学校の管理職が積極的に投薬を勧めている状況が出ています。
まだ子供の脳細胞は成長段階にあり、周りの人が支え、投薬は控えるべきだと思っています。

また一部の福祉施設では、自閉症の人がパニックを起こすなどの理由で投薬に依存することがあります。
「一部特異」なパニックは、施設内の虚弱な人に危害及ぶなど、
大変な状況を引き起こす場合がありますが、
これも福祉施設従事者の踏ん張りどころ、知恵の見せどころになっています。

子供の中には生活環境で、
チック・神経性(心理的)の難聴や弱視、継続的な腹痛や頭痛、拒食や過食、引きこもり、寡黙、暴力的なパニック、・・・等々を起こす場合があります。
身体的な問題であれば早期に受診・治療し、「過度に心配し過ぎる」対応は問題を大きくしてしまいます。
これらは主に対人関係から生じた恐怖(孤立感)があり、如何なる恐怖も周りの人の支え(愛)で解決します。

孤立感は暴走族が「赤信号、皆んなで渡れば怖くない」と言うように、良い悪いは関係なく、集団に頼っていきます。
家族は少年期・少女期前の児童期の内に、愛という力で、孤立感(恐怖)をなくすような努力が必要です。
posted by: sagaraki | - | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

うつ病のカウンセリングについて。

  この時期最後となる酵素作りをしています。
材料は福岡市港外「能古の島」産のニューサマーオレンジ60キロです。
作る課程では部屋中が甘い果物の香りに包まれます。

手作り酵素は出来上がるとブドウ糖と果糖で、体の疲れとりに最適です。
手作り酵素であれば楽しめますが、先日トヨタの女性役員が強い鎮痛剤の密輸で捕まりました。
この鎮痛剤であるオキシコドンを目的外に使用すると、
米国では麻薬として扱われ、日本ではもっと厳しく取り扱われています。

オキシコドンの使用目的が、危険ドラック的に使用されているからです。
このオキシコドンは、正常な脳機能をマヒさせてしまいます。
1,何も考えなくて良い・・・心の苦しみがなくなる。
2,食欲がなくなる・・・身体の苦痛がなくなる。
3,眠くならない・・・覚醒作用。

使用後はオキシコドンに依存し、中毒症状は本人も家族も周りの人にも困った状況に追い込みます。
禁断症状は麻薬と同じようです。

暴力団と一緒に賭けギャンブルをすると逮捕されますが、
国が認めたギャンブル(パチンコ・競馬・競輪・オートレース等)では捕まりません。
どちらも同じ賭け事なのにちょっと変です。

ちょっと変なのがうつ病に関することです。
暴力団から手に入れた薬物では捕まりますが、
国が認めた医者から処方された向精神薬や抗うつ薬を多剤・多量服薬しても捕まりません。
どちらも正常な脳機能に与える弊害は一緒なのにと、憤慨しています。

どんなうつ病(思考不全)であっても、うつ病であれば、カウンセリング1日で改善します。
改善はしますが、
抗うつ薬を長期服薬したり依存したりしていると、
薬の禁断症状で苦しみますのでカウンセリング後が大変になります。

カウンセリングは1日1人の限定で行い、料金は50,000円です。
50,000円ですが、薬物に対する事後指導で消えてしまいます。

現在早い人で3時間、長い人で8時間ほどカウンセリングを行います。
この時間はうつ気分の「強い弱い」は関係ありません。
重症と言われる人ほど短時間で済み、服薬しているか否かも重要になります。

またカウンセリングをする相手が酒を飲んできて「酔っぱらった状態」だと出来ません。
抗うつ薬も焼酎も一緒です。
どちらも脳機能をマヒさせているので、カウンセリングが出来ないのです。

カウンセリングを「業」として行う人は、
1,上記を肝に銘じてカウンセリングを行って下さい。
2,特に「森田療法や認知(行動)療法」を行う最大の注意点は、薬物投与を避けることです。
専門家なので、多くの人を早く楽にし、自殺防止に努めて欲しいと思っています。

合点がいかなければ、感情心理学を追求するものとして説明致します。

   (さがら療法)  さがら ごろう
posted by: sagaraki | - | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

うつ病と言われても心配ご無用。

 暑い夜に窓を開けると「ゲロゲロ グワッ グワッ」と、カエルの大合唱。
田んぼのカエル君がやかましくうるさいので、
「こらー!」っと一喝しても聞き入れてくれそうにありません。

このところ「自分はうつ病でしょうか?」という質問するかたに出会います。
私「そんな病気はないので 心配しないで良いですよ」と答えます。
相手の方「・・・・・?」

気分が落ち込んだ人に対して、
「大丈夫だからシャキットせい!」と励まされ支えられていた頃は、
うつ病などという言葉はなく、ノイローゼと言われていました。

うつ病と言われ出したのは、
海外から日本に向精神薬や抗うつ薬などが大量に入りだした頃ではないでしょうか?
うつ病は「心の風邪」などと言われ、
風邪ならば病気ならば薬が必要と言わんばかりに、多量服薬が始まりました。

製薬会社のコマーシャルに精神科医が相乗りし、
うつ病は治療が必要だ!、うつ病は薬が必要だ!、という風潮が出来上がっています。
世間も「気分・気持ちの落ち込み」をうつ病だと認識し、治療が必要だと思い込んでいます。

乳幼児を省き、
100人おれば100人とも、大なり小なりの「気分の落ち込み」を経験しています。
知らず知らずのうちに「自分で感情のコントロールをして」解決しています。

誰しも過ぎた日を振り返ると、
「何かの問題」がキッカケになり、心配したり悩んだり不安で苦しんでいます。
この苦しみは「脳内の情報伝達物質セロトニン」に問題があったでしょうか?。
この苦しみは「脳内の病気で抗うつ薬が必要」だったでしょうか?

いえいえ 経験不足で「問題解決の知恵」が不足していただけです。

経験を重ねると同じ「何かの問題」に直面しても、苦しまなくてすみます。
脳内の病気ではなく、薬も必要ではありませんでした。

借金や倒産、いじめや失恋、受験の失敗や失業・・・・・等々、「何かの問題」はたくさんあります。
今死ぬほど苦しい人は、「問題解決の知恵が不足」しています。
今死ぬほど苦しい人は、「対人関係で孤立」しています。

誰か信頼できる人に「相談する」と、問題が解決します。
治療や薬で「苦しい問題」は、解決しません。

孤立を防ぐには、
常日頃から信頼できる人を「得る努力」が必要です。
その為には素直になり、相手に「感謝の念」を持つことが大切です。
 
posted by: sagaraki | - | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

梅雨の一休み

 山手では田植えが殆ど終わり、自宅周辺では今日から田植えが始まりました。
見ていると農家の性格が見えてきます。
ずぼらな人は稲も麦も大豆も収穫が少なく、几帳面な人は収穫も多いようです。
と言うより知識の差かも知れません。

一家の主が年老いたり施設に入ると、その後を引き継ぎ、農業法人の人が耕作しています。
キチンと「あぜ」の草刈りをせず、除草剤やヘリコプターなどを使用しています。
随分と農作業の様子が変わってきました。

周りを見ると色鮮やかな「あじさいやキョウチクトウ」が咲き誇り、
田の横には「たちあおい」も夏が近いのを知らせています。

近所の畑で珍しい花を見かけました。
花の上のほうはピンクで下のほうは黄色です。
何の花かを問うと、「ウコンの花」だと教えてくれました。
帰り際に一本貰って花瓶に挿し楽しんでいます。

「レモン・甘夏みかん・梅・なた豆」などで手作り酵素を作っています。
レモンは福山の知人、梅は北九州の知人から頂き、甘夏は20キロ900円、なた豆は時前。
殆ど購入せず現在700キロほど作っています。

そこへ知人が福岡市港外にある「能古の島」から「甘夏」を40キロほど持ちこんでくれました。
畑にはブルーベリィの木が20本ほどあり、実が赤くなったら酵素にしようと待ち構えています。
 
posted by: sagaraki | - | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

心の健康・・・うつ病

昨日はまだ5月だというのに外気温34度。
そんな中「梅酵素」を作るため、梅の実をとりに行きました。
思いがけず暑く、蚊や蜂にも振り回された1日でした。

5月は酵素作りには最適な環境がそろい、甘夏・レモン・なた豆などの酵素を作っています。
明日からは梅酵素作りに入ります。

心の健康を「感情心理学」として研究し50年、
うつ病など改善策を見出し10年を過ぎました。

今月は中国・米国からの来客、
現総理の後援会会長との食事などで「うつ病」の話しができました。

また京都大で教鞭を執られている「心理」専門の教授の話しも聞きました。
聴講後の気持ちとしては、「愕然」としています。
日本が誇るトップレベルと言われる人の持つ、「心に対する認識」に愕然としました。

韓国や中国などを含め、「うつ病や自殺」をする人が世界中に多くいます。
うつ病などが改善し心が健康になる方法を理解すると、
経済力等を含め、その国は強くなります。

総理の後援会長にお会いしたのも、
別段 現総理にお願いすることがあるのではなく、
今の日本が「私を必要とするか否か」の打診をしたのです。

韓国は世界で1番自殺率が高く、うつ病も蔓延しているようです。
来月早々、その韓国から「ある自治体の代表」が来られるようです。
「・・・ようです」とは、話が来ています。

国は「自殺防止、いじめ防止、ニート対策、虐待防止、DV対策・・・」等々。
企業に対しては、ブラック企業の公表やストレスチェックなどを、次々に打ち出してきています。
ですが・・・それらの法は、「机上の論理」に過ぎません。

うつ病などは、病気でも何でもありません。
扁桃体が正常に機能しているので、心に苦痛が来るのです。
うつ病は薬など不必要で、1日もあれば改善できるのです。
薬は飲んではいけないのです。

薬ではなく心理療法としての「森田療法・認知療法」なども完全ではありません。
ましてや脳外科治療や「磁気治療」など、もっての他だと思っています。

今まで「感情科学・・・心理学」の研究に対し、公的な補助は受けていません。
それでも「国のために、日本人のために」との思いが強くありました。

だが国が、
「私を必要としない」のであれば、
蓄積し解明している(精神科学の一部でしょうが)「感情心理」の知識を、
諸外国に伝授していきます。

ここに諸事情を公表することで、国の理解を得たことにしょうと思っています。

       さがら ごろう
 
posted by: sagaraki | - | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

今年12月1日より、ストレスチェックの義務化

春に3日の晴れ間なしとはよく言うもので、このところ雨で予定が狂っています。
今日は天気が良いので「鯉のぼり」の片付けをしました。
先月から作っていた「甘夏・レモン」の酵素が出来上がり仕上げに入りました。

国はうつ病に対し「薬漬け」にする基本方針を進めています。
1、ブラック企業の発表
2,12月1日より50人以上の企業に対する「ストレスチェック」の義務化。
ブラック企業の発表は本来良いことですが、盲点があります。
今までは身体だけの健康診断でしたが、今年から「心の健康診断」を義務化していきます。
その盲点を説明します。

「例えば」3月31日に心の健康診断・・・ストレスチェックがあります。
事業所内で厳しい上司のもとで働く「A社員」が、毎日苦しい仕事に明け暮れるとストレスが貯まり、チェックを受けると「心の疲れ:うつ病」と言う検査結果が出ます。

企業側が医者から「この人は心が疲れているので通院し治療が必要です」と指示されます。
企業としては社員に、通院治療をさせねばなりません。
治療を受けさせずにいると、
社員が自殺でもするならば、労災として損害賠償を請求され、心の健康診断を無視したとして「ブラック企業」にもなります。

ところがどっこいです。
4月1日に厳しい上司が転勤していくと、その日から「A社員」の心は晴れ晴れです。
それでも企業は「A社員」に通院治療をすすめ、無理にでも治療を受けさせます。

「B社員」はお金に困り、強い苦しみを持っているときに心の健康診断を受けます。
これとて「心の疲れ:うつ病」になり、通院治療の指示が出ます。
それも給料日になったりボーナスが出て一息つくと、安心し、心の苦痛は消えます。
それでも企業としては「心のチェック結果」で、通院し治療を受けるようにすすめます。

人の心は朝と昼、昼と夜でも瞬時に変化しています。
年に1回や2〜3回のストレスチェックで診断されては困ります。
企業が無理矢理に通院させても、うつ病の治療は「薬が主役」です。
何もない人を薬漬けにし、うつ病にしてはいけないのです。
誰が考え誰が立法化するのか分かりませんが、企業に対する「素人」が作成した規制です。
 
posted by: sagaraki | - | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

睡眠障害の改善

5月に入りもう半ばに来ています。
季節外れの台風などが来たり突然暑くなったりで順暑できません。

近場にいる小学3年生の孫息子が時折やって来ます。
この子の趣味はサッカーと食べること。
テレビまんがを観て大笑いするのが日課ですが、今日は何か変?
良く見ると蚊を追いかけています。

フマキラーで蚊を追いかけ、苦労しながらどうにかゲット。
その後何をするかと見ていると、正座で両手を合わせ、蚊に向かって合掌しています。
可笑しいやら吹き出しそうやら、笑いをこらえるのにひと苦労しました。

この子の姉、孫娘は中学3年生。
家では娘にタブレットの使用を禁じられているので、泊まりに来るとタブレットを離しません。
夢中になってタブレットで遊んでいます。
泊まりに来るときは必ず私の隣の布団で寝ます。

遅くまでタブレットで遊び、いざ寝る時になると私にささやきます。
「寝せて、寝せて」とささやきます。
タブレットを使いインターネットの社会で遊び周り、興奮して眠れないのです。

私は孫娘に言います。
「ほ〜〜ら 眠くなった」
「眠い 眠い」と考えなさい。
「眠くなった、眠い 眠い 眠い 眠い 眠い・・・」と、考えなさい。
2分もすると孫娘は寝ています。

うつ病と言われる人やうつ気分の人は、寝るのに苦労をしています。
楽しい事や悲しいこと、何かで気分が高まると寝付きが悪くなります。

明日は運動会や遠足、野球の試合やサッカーの試合があるという夜。
明日は皆んなの前で話しをせねばならない時など、なかなか眠れません。
興奮したり不安が高まると寝付きが悪くなります。

こんな時に試して下さい。
部屋を寝付きが良くなる暗さにし、テレビの音などを低くし寝る環境を整えます。
その後、
「眠くなった、眠くなった・・・、眠い 眠い 眠い 眠い・・・・・・・・・・・・・」

それでも眠れないときは、
「今日も1日 ありがとう」と、感謝の念で「ありがとう」とイメージします。
その後、「眠くなった、眠くなった・・・、眠い 眠い 眠い 眠い・・・・・・・・・・・・・」

それでも眠れないときは、
「眠くなった、眠くなった・・・、眠い 眠い 眠い 眠い・・・・・・・・・・・・・」と、
頑張って続けます。
少し苦しくても続けるのが大切です。
諦めずに続けます。
 
posted by: sagaraki | - | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |