<< 本の出版 | main | 睡眠障害の改善 >>

うつ病だと言われて怖じけるな!

 季節外れの大雨が降ったかと思えば、今日から暫くは良い天気が続きそうです。
隣近所や知人から「竹の子」を頂きました。
竹の子は庭に「かまど」を据え、沸騰する中で90分湯がきます。

この湯がきにチョットしたコツがあります。
湯の中には米ぬか・酒粕などを入れますが、釜の湯は多めにして溢れるようにします。
沸騰した湯が溢れる時に「アク」が出てしまい食べやすくなります。

外食する度に竹の子が出てくるのですが、
食べると、どこでも「ガリガリ」してかみ応えだけシッカリしています。
湯がき方が悪くて食が進みません。

竹の子と一緒で、うつ気分もチョットした「心がけ」で簡単に改善します。
うつ気分が強くなり自分では改善しにくくなるのが「うつ病」ですが、
その改善も難しくはないのです。

現状の日本社会をみると、
精神科の医者による心の薬を「多剤・多量」投与されています。
その上この薬を飲みなさいと、「強制・誘導」されて服薬しているかたが多くいます。

心(精神)の研究を始めてから50年、半世紀を過ぎました。
その間、うつ病が薬で改善したという人を知りません。

うつ病の治療と称して、頭蓋骨に穴を開け、扁桃体に直接「電極棒」を差し込み電気を流す。
またオウム真理教でもあるまいし、頭にヘッドギアみたいな物で磁気を流す。
こんな治療がまかり通っています。

そんな治療費をかける必要はありません。
発達障害児だと決めつけて子供に投薬は必要ありません。
医者が抗うつ薬は良く効きますと安全をアピールし過ぎです。

国も歩調を合わせ、薬のデマに流されてはいけません。
企業に対し「ストレスチェック」が義務化されますが、国のチェック基準がもう一つピンときません。
事なかれ主義での法制定は無理が生じます。

ストレスは有って当然で、なければ人は成長しません。


 
posted by: sagaraki | - | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://sagarablog.kokorojp.net/trackback/426