<< 思考不全(うつ病)は楽しく改善する | main | うつ病(思考不全)の改善策 >>

うつ病(思考不全)は治る

寒くなり小雪混じりの雨が降り続いています。
外では古材で「たき火」をして暖を取っています。

休憩所作りは少しづつ進んでいますが、端から見るといじらしく感じるのでしょうか。
60過ぎの大工さんと左官さんが、応援に来られるようになりました。
古民家の廃材だけを利用した休憩所なので、材木の割り付け(墨出し)に手間取りました。

外を見ると衆議院選挙ですが、身近ではあまり選挙の話しは出てきません。
新聞では与党圧勝となっており、これで良いのか?との思いも心によぎります。

10月10日が精神保健デーとなっていますが、
WHOではそれに付いてのコメントを毎年出しています。

その中身をみると、
人の疾病のNO1がうつ病だと表現し、うつ病は病気だと繰り返し表現しています。
テレビなどでもうつ病という番組の中で、
うつ病と双極性2型を一緒にし、枠の中に入れて表現しているのが気になります。

双極性2型(そううつ病)とうつ病(思考不全)の区別が分からない人が、
番組を作っているのでしょう。

双極性2型は脳内の機能的な障害ですが、
うつ棒は脳内に問題はなく、本人の考え方からくるものです。
改善も本人の考え方で決まり、本人だけが治し得る心の苦痛です。

うつ病の主治医は・・・本人だといえるのです。
本人がその気になれば、うつ病など簡単に本人がが改善し、本人が治します。
カウンセラーは早期に改善するための手助けをしています。
 
posted by: sagaraki | - | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://sagarablog.kokorojp.net/trackback/421