<< うつ病(思考不全)の改善策 | main | カウンセラーの養成・・・「聴観士の養成」 >>

トラウマとは?

東北や北海道のかたには笑われそうですが、一昨日より寒さが厳しくなりました。
昨日までの4日間は朝駆け夜がけで、帰宅はよるの11時過ぎになりました。
多くの方との出会いがあり、ありがとうございました。

この約1ヶ月間は奥歯が痛み、抜けそうな気配がしていました。
歯磨きがしにくく言葉もうわずって難渋しています。

ラジオペンチを取り出し洗面台の大きな鏡に向かって、抜歯を何度か試みました。
ペンチが歯に当たる度、キーンとする痛み、ガガーンとする痛みが走ります。
歯医者さんに行けば良いものを・・・と、思いつつ悪戦苦闘を繰り返しています。
鏡に映る我が姿を見て、「お前バカだな」と自分で笑っています。

小学1・2年生の頃、まだ世間は終戦後を引きずっていました。
ある日予告もなく、クラスの全員が保健室に呼び出されました。

1人ずつ保健室に入ると歯医者さんが待っていて、
その前には大きなタライ(洗濯用の器)が置いてありました。
タライの中は血で真っ赤です。
有無を言わさず次々に「乳歯」を抜いて、タライに投げ込んでいたのです。

保健室の前に並んでいる人は、泣き叫ぶ声に戦々恐々として自分の番を待っていました。

この嫌な思い出を、
過去のトラウマと言うのでしょうか。
心的外傷後ストレス症候群と言うのでしょうか。

同じようなことで、未だに「イモ:芋」は美味しいと思いません。
毎日毎日「芋」ばかり食べていましたので・・・トラウマ?は食事にも影響しているようです。

別にトラウマではないのですが、数十年連れ添った「奥歯」。
痛みと戦い別れを惜しみつつ、抜歯に取り組んでいる「アホな団塊の世代」の1人です。

馴染みの歯医者さんには、
暇な時期をみて、何本か差し歯(インプラント)にして下さいとお願いしています。
posted by: sagaraki | - | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://sagarablog.kokorojp.net/trackback/414