<< うつ病についてのあれこれ | main | うつ病(思考不全)・・・自殺 >>

「スポーツ心理・トレーナー」の養成

来そうな気配の台風が日本海に抜けて行き助かりました。
今年は雨にたたられ野菜類の収穫は見事に当てがはずれました。

9月に入りものは試しと「桃の葉茶」作りをしました。
枝先の葉だけを残し殆ど葉を採ってしまいました。
すると何を勘違いしたか桃の木に花が咲き出し、各枝にビッシリ葉がつき始めました。
桜も勘違いして初冬に花を付けることがありますが、桃も一緒でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カウンセリングに来る方は落ち込みが激しく、中には直ぐにでも死にそうな気配のかたもいます。
会社やお店を倒産させ気落ちしてきます。
一度自己破産をすると次に困ったときに自己破産ができません。

金銭的に困りうつ症状が強くなって来られます。
銀行などの金融機関から借り入れができず、
町金融から借り入れをし、困った挙げ句に来られる人も少なくありません。

カウンセリングの支払い費用どころか、その日の生活費もない人がいます。
無料でカウンセリングをし、当座の生活費を立て替えることも少なくありません。

少額の時は良いのですが、危ない人に借りている場合や高額になると困ってしまいます。
それでも遠方から来ているのでそのまま捨て置くこともできません。

返済金を立て替えると心も軽くなり明るい表情をされます。
帰り際に「頑張って返します」という言葉を残していますが、約束を反故にする方もいます。
金額が大きいときには困ってしまいます。

周りからは「カウンセリング後の支払いをキチンと貰わないといけません」と、
皆さんから心配されますが、そうもいかないのが現状です。

子供が家庭内暴力で困っている。
夫はアスペルガー症候群で話しにならない。
どうすれば良いでしょうか?
そういう事情でお金がなく支払いができません。

そんな方からは費用負担して頂く訳にいきません。
帰り際には「学習セット」まで持たせて見送ります。
「これだけは遅くなっても支払います」等と言い残して帰られます。

何の事はない。
後で連絡がつかなくなり調べてみると、嘘の連絡先を教えています。

暴れている子が心配になりよくよく調べてみると、
夫と子供をほったらかして自分だけ新築した家に住んでいたりします。

このような人が「思考障害」を持っていると言えます。
世間で言う「毒母」です。
毒母に育てられた子は家庭内暴力やいじめ、DV、虐待などを繰り返します。

毒母になりたくない母親は、子供をスポーツクラブなどへ行かせます。
このような親御さんは
監督やコーチにスポーツの技だけでなく「心の健康」まで頼ってきます。

「子供の将来のためであれば、練習中に少々の暴力も肯定します」という親御さんもいます。
そんな子を受け入れている監督・コーチも「心の仕組み」を知りません。
周りの人気取りで「気合い」の入った監督・コーチが多くいるのも事実です。

それでも監督・コーチは勝ち負けにこだわります。
プロスポーツやオリンピックではないのですが、
やはり周りの方が勝ちにこだわるので指導者は困惑しています。

スポーツでいえることは「心・技・体」です。
心・技・体の「技と体」がなくても心を健康にすれば良いのではないでしょうか。
スポーツ音痴であっても、その子が将来どのような社会の役立ちをするか分かりません。

スポーツを通して(子供達を)健全な子に育てる役目を監督・コーチの方は持っています。
素晴らしい仕事なので頑張って欲しいと思います。

気合いの「気」を知らない指導者も増えていますので、
「スポーツ心理・トレーナー」が必要な時代になっています。
posted by: sagaraki | - | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://sagarablog.kokorojp.net/trackback/399