<< 3496万分の1 | main | 心の健康教室・・・後日談 >>

うつ病(思考不全)・・・アメリカの状況

毎回うつ病(思考不全)に対する薬物治療をしなくて良いという書き込みをしています。
当さがら療法のセミナー講師である「河原清明」さんよりメールが入りました。
下記の内容です。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41723

アメリカの治療目的の薬物使用者が3,000万人。
総人口の10%以上です。
低年齢層を引くともっと多くなりそうです。
日本はそれ以上か?と危惧しています。

うつ病(思考不全)とはどの様な状態(苦痛の成長段階)なのかを理解すると、
薬物などを使用せずにすみます。
また理解した後は再発しません。

うつ病が脳の病気として、
治療者も治療を受ける人も安易に薬に頼ってはいけません。

心の苦痛が何かを理解し発達段階を理論的に理解すると、
意外と簡単に改善します。
posted by: sagaraki | - | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://sagarablog.kokorojp.net/trackback/393