<< 長雨が続いています | main | うつ病(思考不全)・・・良いことです。 >>

8月終わりの梅雨明け

今日は久しぶりに早朝から青空です。
7月に梅雨明けしたと思ったらその後長雨。
子供達の夏休みも終わりに近づき「梅雨明け?」しました。
8月の台風23つが余分でした。

貸しボートなど半年準備した海水浴場。
今年は予定はずれだったようです。
その分室内娯楽施設を持つ場所は大賑わいしています。

近頃は景気が良いのか、あちこちでビル工事が始まっています。
街を歩きながら油断すると、上から何が落ちてくるか分かりません。

自然災害も社会的な災害も思わぬ出会いで困惑します。
先のことはその時が来るまで何も分かりません。
良いことも悪いことも予想通りには生きません。

人間は心配事があると先走って考えます。
考えても考えても将来は思い通りにはいきません。
それでも考え続けて不安を持ちます。

人が持つ不安など、その人が作り揚げた「物語」です。
先読みした物語です。

倒産した・・・この先はどうなる。
病気した・・・この先はどうなる。
仕事で失敗した・・・この先はどうなる。

人生経験が浅いと解決策が見出せず、勝手な物語を作って落ち込みます。
良いことも悪いことも思いどおりにはなりません。
勝手な「悪い物語」を作って苦しむのは・・・時間の無駄になります。

勝手な想像・空想で自分の夢や希望を「諦める」と、何かに依存していきます。
ギャンブル依存、薬物依存。
これらは「諦め」からきています。

人生山あり谷あり。
諦めると誰かに何かに頼り、依存していきます。
このご時世、誰もが苦しんでいます。

頼るは諦めにつながります。
初志貫徹の心意気で頑張らねばなりません。

1人で頑張るのが辛ければ、まわりの人と仲良くせねばなりません。
人に受け入れられる考え方(思考)が大切です。

苦しいと思っている方は、
今一度己の考え方が正しいか、自問自答すべきです。

過去を振り返って、責任転嫁も自責の念も不必要です。
西洋のことわざに「荒れた海が船乗りを育てる」というのがあります。

子育て時の「躾の間違い」は、
「ダメ! ダメ!、汚い 危ない」と、子供に経験をさせないことです。
子供が経験不足で、判断力に欠けてしまいます。

判断できなければ、先読みし不安を抱きます。
過去を振り返って、責任転嫁したり自分を責めます。
自分勝手な物語を作る「心のくせ」を持ってしまいます。

気楽に行こう〜〜。
生きていることに感謝し、今を頑張ろう〜〜。
梅雨明け?の「独り言」でした。

などと言っていると8時過ぎには空が真っ黒くなり、大雨が降り出しました。
8月終わりの梅雨明け宣言は・・・取り消しです。
先のことは思い通りにはいきません。
posted by: sagaraki | - | 06:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://sagarablog.kokorojp.net/trackback/389