<< 入道雲を見ない夏 | main | 8月終わりの梅雨明け >>

長雨が続いています

広島は水害で大変な状況が続いているようです。
当地も長雨で田畑に問題が出ています。

キャベツなどの野菜類が雨で育たず、
トマトは根腐れし、1番良い時期の収穫ができなくなっています。
稲作も長雨で日照不足。
一見大豊作のように見えますが、茎や葉に黒カビが出ています。
この状態の時に強い風が吹くと稲が倒れてしまいます。

この時期には魚屋さんの店頭に、
ツガニ(毛ガニ)が並ぶのですがまだ見かけません。
車で峠の山道を行くと、車にひかれたタヌキが何匹も横たわっています。

長雨が続くと自宅周辺に青ガエルが多くなります。
雨が止むとそのカエルを狙ってマムシが多くなります。

沖縄のハブも危険ですが、ハブよりマムシの毒が強いので油断ができません。
雨が上がると直ぐにマムシが出没。
畑では竹竿で草むらを叩きながら歩いています。

そんな中長崎まで行ったのですが、
諫早周辺では真っ白い百合の花が咲いていて安心しました。
それでもどしゃ降りの雨で、キョウチクトウの花が色あせて見えた「雨の長崎」でした。

21日は朝9時から夕方7時前まで、
初級聴観士の養成講座を開きました。

下記2名の方が受講され初級聴観士として認定されました。
約半年間かかりましたが、お疲れ様でした。

 福岡市 鈴木初路さん
 福岡市 黒瀬和子さん

今後益々 社会に寄与されんことを祈念致します。
  さがら ごろう
 
posted by: sagaraki | - | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://sagarablog.kokorojp.net/trackback/388